2024年2月27日
  • 須恵町にある高校受験専門学習塾

中学生と動画授業

最近は、ネット授業、動画授業が教育業界を席巻しつつあります。特に、「スタディサプリ」という動画授業はほとんどの中高生の保護者の方は知っているのではないでしょうか。私も、「スタディサプリ(以前は受験サプリとか勉強サプリという名称だった記憶があります)」ができた当初に登録して、定期的にどんな講座があるのかチェックしています。初めは大学受験のコンテンツばかりだったのですが、そのうち中学生や小学生向けの講座も始まりました。月1,000円程度で、見放題ですので、登録だけはしている(けど、使ってはいない)という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

スタディサプリは月1,000円、片や塾に通わせるとその10倍以上の費用がかかりますので、親としてはスタディサプリで成績が伸びて、志望校に合格してくれればこの上ないことです。動画授業のメリットは、自分の見たいときに見て、好きなタイミングで止めることができるところにあります。通塾の手間も時間も省けます。しかし、それがデメリットにもなります。勉強するもしないも自分の気持ち次第であるため、強い意志が無ければ継続は難しくなります。また強制的な宿題が無く、自分で考えるというよりも、話を聞いて終わりになることも少なくありません。それゆえ、動画授業を使うときには、子どもだけでなく、大人も一緒に、「どう勉強していけば効果が出るのか」を考えていかなければなりません。子どもだけに任せると間違いなくアンバランスな勉強になるでしょう。ただお手軽だという理由だけで、登録したタブレット端末を子どもに渡して、「これを使って勉強しなさい」ではいけません。どの講座を受講するのか、どのくらいのペースで勉強していくのか、足りない演習をどう補うのかを、親も一緒になって考えていくことが動画授業で成績を上げるときの基本となります。

 

たとえば、スタディサプリには、「公立高校受験対策」という講座があります。47都道府県分の公立高校受験対策の講座が準備されており、もちろん福岡県のものも用意されています。福岡県の受験に精通していない方や勉強を子どもに任せている方は、「とりあえず福岡県の公立高校入試対策を受けておけばいいんでしょう」と思われるかもしれません。しかし、講座や収録問題を一つひとつ見ていくと、「こんな問題、福岡の入試で出てないよ」「この形式の出題はあり得ない」というものが結構あります。それは仕方がありません。「福岡県公立高校入試対策」と銘打っていますが、テキストも授業も47都道府県ほぼ同じだからです。決して、福岡県の公立高校入試に特化した授業ではなくて、全国の公立高校入試の問題を単元ごとにまとめた講座にすぎません。また難易度がいくつか分かれていますので、自分のレベルと志望校のレベルからかけ離れたものをやっていては、時間と労力の無駄になることもあるでしょう。もし、スタディサプリだけで公立高校合格を目指すのであれば、そのための授業だけをセレクトするべきです。初めからバカ真面目にすべて受講するのではなく、福岡県の入試で出題される単元、テーマ、傾向の問題を選ぶべきです。その単元セレクトは子どもの少ない知識、狭い視野では不可能でしょう。入試で何が出るのか、何が出ないのか、あるいは自分の学力を事細かに分析できている中学生はいません。であれば周りの大人(つまり親)が福岡県の公立高校入試と分析し、子どもの学力と志望校を鑑み、必要十分な講座を選んであげるべきです。問題を分析する力は、大人の方が優れているでしょう。子どもを塾に通わせているのであれば、勉強は塾の指導者に任せて、親は必要以上に介入するべきではありませんが、動画授業に勉強を任せようと考えているならば、親がタブレットと子どもの仲立ちをしなければ成績上昇は難しいです。動画授業はお手軽、お手頃ではありますが、その分、親が子どもとともに勉強するぐらいの気概が必要となるのです。動画授業で中学生の成績が伸びにくいのは、勉強をタブレットだけに任せてしまっているからなのです。

 

一方、スタディサプリの大学受験講座は十分使えます。私が高校生であれば間違いなくスタディサプリで、先取りや入試対策を行っているでしょう。正直、一般的な高校の先生の授業とは比べ物にならないくらい、計画的、戦術的に練られています(科目によって良し悪しはありますが…)。これから大学入試改革が進んでいきますが、大学受験の講座がどのようになっていくのか楽しみにしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。