2024年3月4日
  • 須恵町にある高校受験専門学習塾

成績が上がる塾、成績が上がらない塾

学習塾が多数あるということは、塾を選択する側からみるといいことのように思えます。ホームページをチェックし、気になる塾からは直接話を聞いて、「ここだ!」という塾を選ぶことができるのです。塾というのはどこも一緒、だから授業料が安いところにする、などと考えるご家庭もありますが、それは間違いです。国民食であるカレーライスであっても同じ味などありえません。それは使う食材が異なり、調理法が異なり、調理時間が異なるからです。万が一、食材も調理法もすべて同じであったとしても、調理する人間によっても味が異なるでしょう。結果的においしいカレーもあればそうでないカレーも出来上がります。学習塾においても使用する教材、指導する人間、カリキュラムの編成、あるいは同じ空間で学習する生徒の本気度、ありとあらゆることが違うのですから、必然的に「成績の上がる塾」「成績の上がらない塾」というのが生まれるのです。それを子どもが見極めることは容易なことではありません。親が「成績の上がる塾」を冷静に判断するべきでしょう。

 

そんな数ある学習塾の中で、「個別指導塾」を選ぶ場合は特に注意が必要です。「集団指導塾」はほとんどの場合、入塾前の面談を直接指導に関わる職員が行います。面談を担当した人間が子どもの指導に関わるので、子どもの現状をしっかり把握したうえで指導を行うことができます。また、自分が面談を担当した生徒の学力は、自分が絶対に上げてやるぞという気にもなるものです。しかしながら、「個別指導塾」では、面談を担当する校舎責任者が生徒の授業を行うことはほとんどありません。まれにアルバイト講師が休んだり、不足している場合には授業に入りますが、基本的には校舎の運営がメインです。とすると、入塾前面談でいくら子どもの現状や要望を聞いたとしても、指導を担当するアルバイト講師がそれらを把握していないことは大いにあり得ます。また、同じアルバイト講師が指導を担当するならまだしも、指導者がころころ変わることなど日常的に行われています。たいてい成績が悪く、塾に通いたくもないと考えている意欲のない子の指導者がころころ変わる傾向にあります。子ども本人も勉強して成績を上げる気がなければ、塾側も本気で子どもの成績を上げようと考えていないので、人気のあるアルバイト講師はやる気のある生徒に回して、やる気のない子には新人講師であったり、授業が下手なアルバイトを回すのです。これがいわゆる「授業料を払うだけの生徒」です。生徒はただ単に決められた曜日に塾に行き、決められた時間席についてその場をやり過ごします。アルバイト講師もその時間、子どもの機嫌を取って授業らしいことをしていれば、必然的にお金が入ってきます。余計な説教などして、生徒の機嫌を損ねるのは、だれの得にもなりません。ゆえにお互い嫌なところを見ず、相手に踏み込まず、余計なことをしなければ、お互いに幸せなまま授業を終えることができるのです。残念ながら、これが個別指導塾の見えない現実です。

 

子どもの勉強を見たことがある方ならお分かりでしょうが、子どもの成績を上げるのは並大抵のことではありません。ひと時の優しさや心配りだけでどうにかなるものではありません。1回の授業で完璧になる子どもはいませんので、同じことを何度も繰り返すことになります。勉強を教えるのは何とも地味な作業なのです。また、授業している時間よりも、教材研究や全国の過去問分析、授業の準備をしている時間のほうが圧倒的に長いです。アルバイト講師には、授業の準備に対する報酬はありませんので、準備をおろそかにするのは目に見えています。では一体、子どもの成績を伸ばすためにはどうすべきでしょうか。それは、本気で生徒の成績を上げようとしている指導者の下で学ぶことです。大手塾でも、個別指導塾でも、個人塾でもどこでも構わないので、本気で子どもの成績を上げてくれる塾を探すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。