2024年6月21日
  • 須恵町にある高校受験専門学習塾

筆算に定規を使う

西日本新聞の記事に「筆算の線、手書きなぜダメ?」というものがありました。筆算の際に、定規を使うことについての当塾の態度は決まっています。「定規を使った筆算は禁止」です。小学生に話を聞くと、やはり筆算の線は定規を使ってきれいに引くようにと指導されているところがあるようです。中には、分数の真ん中の線もいちいち定規で引くようにと指導されている子もいます。当塾では、計算で定規を使うことは禁止です。理由をいくつかあげます。

     

理由① 計算スピードが出ない

これは言わずもがなですが、不必要な作業が一つ入ることで大幅な時間のロスとなります。線を引きたいところに定規を動かして、ノートの罫線に合わせ、適切な長さに線を引くのに、大人の私でも毎回4秒ほど費やします(これは私が実際に何題か筆算をして平均時間を調べました)。10題解けば40秒、15題で1分のロスです。また、西日本新聞の記事にも書いてありましたが、計算のリズムが途切れるのも問題です。本来であれば、計算式を書いてそのままの流れで計算に移ります。たとえば、「26×34」の計算では、「×34」の下に線を引きながら頭のなかではすでに「6×4」の計算をしています。計算を書き、線を引き、計算を始めるという一連の作業が途切れることなく続くことで、勢いを保つことができます。ところが、定規で線を引くという作業が加わることで、計算が一度リセットされてしまいます。自転車で一度止まると再加速が難しいように、計算の頭から一旦作図の頭になると、計算にシフトを戻すのがスムーズにはいきません。

      

理由② 定規を使わなくても線は引ける

当塾の対象生徒は小学5年生以上です。そうなると、定規を使わなくてもある程度の線は引けます。分数の線や筆算の線なんてある程度書ければ十分です。分数の線がまっすぐ引けているのかどうかより、もっと大切なことがあるはずです。小学校の時点で多少グラついたり、斜めになったりしても、これから何千回、何万回と線を書いていくのですから、自然と線の引き方をを覚えていきます。近隣のある小学校では小学6年生にまで定規を使って分数線を引くように指導しているようですが、いったい彼らはどの段階で定規を手放したらいいのでしょうか。中学校に入った瞬間、これまで当たり前だと思っていたものがそうではないと気づくのです。春期講習で来た新中1生には、生真面目に定規を使って筆算をしている子がいました。この子にとってはそれが当たり前だからです。しかし、この子がこれから進む場所では定規を使った筆算は当たり前ではありません。定規を使って筆算していれば、「そんな面倒なことやめなさい」といわれるでしょう(少なくとも当塾では言われます)。

      

理由③ 定規で線を引くのを後回しにする

たとえば、「背景」という漢字を10回書いてくるような宿題が出されると、子どもたちの中には、まず「背」だけを10回書き、そのあとで「景」を10回書いて、結果的に「背景」を10回書いたように装う子がいます。それと似たことが筆算でも起きるのです。つまり、まずは線を引かずにすべての計算をして、最後にまとめてすべての線を引くようなことも起こります。とりわけ、分数の計算では、いちいち分数線を引くのが面倒なので、最後のまとめて引く傾向が高まります。本来であれば「5分の3+5分の1=5分の4」は「5、-、3、+、5、-、1、=、5、-、4」と書くべきところ、最後に線を書くので、「5、3、+、5、1、=、5、4、-、-、-」という順序になります(「-」は分数線です)。「背景」という漢字は2つの文字をつなげて書くことに意味があるように、「5分の3」は「5、-、3」という順序で書くことで「5つに分けたうちの3つ分」という意味が生じるのです。

     

理由④ 定規を使うメリットが勝っていない

定規を使って筆算をするメリットが大きければ、定規を使うのがいいのでしょうが、残念ながら私には定規を使うメリットが魅力的に思えません。記事の中には、 「計算ミスが減るし、みんなにやらせている」 「手書きより見直しやすいし、面倒くさがらずにやる子の方が学力が伸びる」 などとありました。ところが、塾生の計算を見る限り、定規を使っていないから起きた計算ミスはありませんし、定規を使わないから学力が下がるなんてことはありません(むしろ学力は上がっています)。よって、学校の様子は分かりかねますが、当塾においては定規を使って筆算をするメリットがないということです。

       

ものごとにはいい面も悪い面もあるのが普通です。ですから、学校で定規を使った筆算の指導を全否定するつもりはありません。そうしているということはそちらの方に大きな利点があるのでしょう。ですが、繰り返しになりますが当塾では定規を使った筆算は禁止です。その点、保護者の方はご理解ください。

     

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。