2024年6月21日
  • 須恵町にある高校受験専門学習塾

春期講習に参加されている方へのご連絡

春期講習も折り返し地点を迎えました。小学生クラスは、一方的に指導するのではなく、みんなで解法や式を考える授業を行っています。特に算数では最初から完璧に解ける子はいません。かけ算わり算を使う場面で何となく解いていたり、繰り上がりの計算や小数の計算でミスが多かったりしますが、まずは春期講習では「目のまえの問題をどうすれば解決できるかを考える」ことに重点をおいています。計算力については、4月からの通常授業でひたすら練習を積んでいきます(計算力は絶対的な武器になるので、なめていると痛い目にあいます)。問題に正解していれば喜び、間違っていれば悔しがるなど、「なんとか正解したい」という気持ちを表現してくれるのが小学生クラスです。みんなでお互いを高め合う、いい雰囲気になってきています。中学生クラスは、小学生クラスと違い、「こういうやり方でやりなさい」「こうやって考えなさい」ということをまず示します。まずは必要なやり方、考え方を身につけてもらえます。中1生は中学の勉強が初めてなので、0から一つひとつ説明をしています。「こんなの簡単じゃん」と思っているでしょうが、そのぐらいがちょうどいいと思います。簡単なことを甘く見ずに、着実に丁寧に前進することが、確実に学力を高める方法です。中2、中3クラスの授業は前学年までの復習ですので、超基本的なことは分かっているという前提で進めています。ゆえに、前学年の内容がすっかり抜け落ちている子は苦しんでいます。苦しんではいますが、学力の低い子に合わせることはしません。努力をして這い上がってもらいます。もちろん、やるべきことは示します。勉強ができるようになりたいのであれば、これをできるようにしなさいということは言っています。あとは、それを実行できるかどうかです。あいにく、私は、子どもたちができないことや分からないことを放置して見逃してあげるほど心は広くありませんので、とりわけ入塾生にはうるさく指導していきます。しかし、だからこそ、昨年から通ってくれている青凜館生は英文でのミスも、国語の読解の読み違いも、方程式の立式ができないということも少ないです。それは、春期講習から当塾に来た子とくらべると明らかです。やはり、日々の指導のレベルを上げて、より高い意識づけをさせているかどうかというのは大きいのだなと改めて感じています。入塾生は基礎が欠けている子が多いので、これからうるさく言い続けるでしょうが、言われないようにしようと努力していけば自ずと成績が上がるようになっています。これから頑張っていきましょう。

      

さて、ここからは春期講習を受講された方で、入塾が未定の方へのご連絡です。春期の申込みのときに説明しましたが、再度確認します。

     

〇 4月以降の継続を希望する場合は、「継続申込書」を切り取ってお出しいただくか、お電話でその旨お知らせください。または、お子様の口からお伝えしていただいてもかまいません。入塾生のテキスト等の準備や保護者様には初回授業料を納入していただく必要がありますので、希望される方はお早めにお知らせいただくと幸いです。

     

〇 お友達と一緒の入塾の場合、「〇〇くんと入塾します」という旨もお知らせください。4月の授業料を割引いたします。また、お知り合いの方で、春期講習には参加しなかったけれど4月から通ってみようと思われる方がいらっしゃいましたら、ぜひおすすめください。その場合も授業料を割引いたします。特に、当塾の価格と内容で、小学生の指導を提供できる学習塾はないと思われます。

   

〇 継続されない方は、ご連絡いただく必要はありません。こちらから、入塾するか確認のお電話をすることもありません。春期講習の申込みで頂いた個人情報はこちらで破棄させていただきます。

       

不明点や、入塾前にもう一度話を詳しく聞きたいなどありましたら、お気軽にご連絡ください。

     

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。