2024年5月24日
  • 須恵町にある高校受験専門学習塾

ラグビーってルールがよく分かんない?

ラグビーワールドカップが盛り上がりを見せています。なかなか試合をリアルタイムでは見れませんが、日本代表がすばらしい戦いをしているのは嬉しいことですね。中学生は学校全体でラグビーの試合を観に行ったようです。学校行事として観にいかなければ、一生ラグビーの試合を観ることがなかったであろう中学生も多くいるでしょう。このようなスポーツや芸術を味わう経験は大事にしてほしいですね。

     

しばしば、「ラグビーってルールがよく分かんないんだよね」という人がいます。そんな声に対しては、「じゃあ分かるように学習すればいいじゃないか」と思うのです。英語の学習においても、「英語ってよく分からない」「3単現のsとか過去形とか意味不明」という子がいます。あたかも勉強ができない原因は「英語の複雑さ」にあるのであって、自分の不勉強にあるのではないと言わんばかりの主張をします。あるいは、「学校の先生の授業が分かりにくい」「先生と合わない」などと言いだす子もいます。そういう子は、悪いのが自分ではなく、環境が整えばできるようになるという気持ちが根本にあるので、決して成績が伸びていきません。環境が整うことなど、今もこれからもあり得ないからです。自分以外に対しての批判は、そのまま自分への批判として返ってくることは少なくありません。「〇〇って面倒くさくない?」ばかり言っていれば、周りからも「この人、面倒くさい」と思われているかもしれません。「〇〇ってどうでもよくない?」ばかり言っていれば、周りからも「どうでもいい」と思われているかもしれません。「分からない」「難しい」「面倒くさい」「どうでもいい」ばかり言っていて、何か解決しますか?文句ばかり言うのはやめて、英単語の1個でも覚えたらどうですか?教科書を読んでみてはどうですか?もちろん「学校の授業が…」と言いたくなる部分もあるでしょう。とりわけ中2の英語の校内平均点は異常なほど低く、授業のレベルを想像するに残念としか言いようがありません。しかし、だからといって「周りも低いから」「周りもできていないから」という主張は通りません。周りが低かろうと、学校で十分な指導を受けていなかろうと、入試で求められるレベルは変わらないからです。

       

今の中2生は、来年受験生となります。そして、来年の夏には東京オリンピックがあります。必然的に東京オリンピックを観る時間、満喫する時間は減ることになります。ただし、少しだけですがオリンピックを楽しむための方法があります。早く勉強に取りかかっておくことです。早く取り掛かることで暗記量を減らし、1年後の自分の負担をわずかに軽減させることができます。早く取り掛かることで問題の理解度や解く速度を上げて、自由に使える時間を多少は生みだすことができます。ただし、やればやるほどやるべきことが見えてくるのが勉強ですので、早く始めたからといって劇的に楽になるわけではありません。勉強ができるようになってもそれなりの悩みや苦しみはあるものです。しかし、その悩みや苦しみは、ろくに勉強せずに下位層に沈んでいる子の悩みに比べるとはるかに充実したものです。あーだこーだ言って時間だけが過ぎていくことを悠長に眺めるのではなく、まずは行動に移すことが合格までの第一歩であるのは言うまでもないでしょう。

    

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。